肥薩線100年表

鹿児島線
明治34年6月10日
鹿児島〜国分(現隼人)間開通 鹿児島駅、重富駅、 加治木駅、国分駅(初代)新設
明治36年1月15日
国分(現隼人)〜横川(現大隅横川)間開通
嘉例川駅、横川駅新設
明治36年9月5日
横川(現大隅横川)〜吉松間開通
※鹿児島線 鹿児島〜吉松間開業
栗野駅、吉松駅新設

九州線・鹿児島本線
明治41年6月1日
八代〜人吉間開通(川線開通)
※九州線門司(現門司港)〜八代〜人吉間開業
坂本駅、白石駅、一勝地駅、渡駅、人吉駅新設
明治42年11月21日
人吉〜吉松間開通(山線開通)
※門司(現門司港)〜人吉〜鹿児島間が全線開通し、「鹿児島本線」と改称。これにより、当時の当時の日本縦貫鉄道(青森〜鹿児島間)が完通
矢岳駅、大畑駅新設
明治43年6月25日
瀬戸石駅、那良口駅新設
明治44年3月11日
真幸駅新設
大正5年9月11日
表木山信号場新設
大正9年9月1日
横川駅から大隅横川駅へ駅名改称

肥薩線
昭和2年10月17日
八代〜川内〜鹿児島間(海岸線)が全通し、
門司港〜鹿児島(海岸線)間を「鹿児島本線」と改称
八代〜国分(現隼人)間を路線分離し、「肥薩線」と改称
昭和4年9月1日
国分駅から西国分駅へ駅名改称
昭和5年9月15日
西国分駅から隼人駅へ駅名改称
昭和6年4月1日
段駅新設
昭和17年12月21日
葉木、大坂間に仮乗降場新設
昭和20年8月22日
吉松〜真幸間の第二山神トンネルで列車退行事故が起こり50名以上が犠牲となる
昭和27年6月1日
鎌瀬駅、海路駅、吉尾駅、西人吉駅新設
昭和32年7月5日
植村駅新設
昭和33年10月1日
日当山駅新設
昭和34年4月1日
準急「くまがわ」門司港〜人吉間運転開始
昭和34年5月1日
準急「えびの」熊本〜宮崎間運転開始
昭和37年1月15日
牧園駅から霧島西口駅に駅名改称
昭和40年11月1日
準急「やたけ」運転開始
昭和41年3月5日
準急「くまがわ」急行に格上げ
昭和47年3月15日
人吉〜吉松間DD51による運転開始
昭和47年4月4日
人吉〜吉松間D51重連によるさよなら列車運転
昭和48年3月28日
人吉〜八代間DD51型5両による営業運転開始(完全無煙化)
昭和49年4月25日
特急「おおよど」博多〜宮崎運転開始
昭和62年4月1日
JR九州発足
昭和63年3月13日
大坂間駅から球泉洞駅に駅名改称
平成8年3月16日
観光列車「いさぶろう・しんぺい号」運転開始
平成15年3月15日
霧島西口駅から霧島温泉駅に駅名改称
平成16年3月13日
九州新幹線鹿児島ルート(新八代〜鹿児島中央間)開業
観光列車特急「はやとの風」(鹿児島中央〜吉松)運転開始
平成17年8月21日
「SL人吉号」さよなら運行
平成17年10月2日
観光列車「九千坊号」(熊本〜人吉間)運転開始
平成21年4月25日
熊本〜人吉間で「SL人吉」運転開始
平成21年11月21日
肥薩線開通100周年